読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「トータル・リコール」(2012版)

1990年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演のほうではない。 そっちは多分観たはずなんだけど、ほとんど忘れているけど、あえて2012年のコリン・ファレル主演のほうを見てみた。

あー。なんかダメ。残念。原作がSFであり、CGを駆使した未来感のある映像はすごいのだが、それも行ききってない。アクションもあるけど、うーん、言うほどでもない。なんだこの残念感。 一つあげるなら、ケイト・ベッキンセイルの悪い奴っぷりは良かった。

次は1990年版を見なおしてみよう。