読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「パシフィック・リム」

観るべきか観ざるべきか悩んだけど観ることにした。

日本のロボットアニメや特撮映画が大好きなギレルモ・デル・トロ監督によるロボット映画である。怪獣映画とも言えるか。


映画『パシフィック・リム』日本限定版予告編 - YouTube

監督が意識してるかどうかはわからないけどほとんどエヴァンゲリオンのままじゃないか? 言っちゃだめなのか?

監督が日本大好きだからか日本人も出演している。マコを演じる菊地凛子とその幼少期を演じる芦田愛菜だ。芦田愛菜はともかく菊地凛子は苦手なのよね・・・。日本人大好きだから日本語を話すシーンもあるけどアクセントがおかしいし・・・。日本人スタッフもいるだろうになんであのまま放置してるんだ?

監督によるコメンタリーも観たがそのオタクレベルの熱意はいやというほと伝わってくる。 すいません。僕は乗りきれなかった。ウルトラマンガンダムも全然通ってないのよね・・・。 エヴァンゲリオンも知識として知ってるくらいだし・・・。

ひとつ言うとロボットのデザインが日本人からみると残念。 さらに残念なのは怪獣(映画の中でもカイジューと発音される)に魅力がないこと。ウルトラマンなどの特撮は悪役である怪獣も魅力的だったと思う。まぁそんなことはこの監督には釈迦も説法だろうが。。。

結論としては観なくても良かったと思うんだけど、観るべきかどうかは観ないと判断できないのが悩ましい。

僕はトランス・フォーマーのほうが好き・・・。