読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「首無の如き祟るもの」(三津田信三)

辛かった。 いろいろと。

自分自身読者としてコンディションがよくなかったので、登場人物も多いし、建物・建造物がたくさんでてくるわりには位置関係を示した図もない(私が読んだのはハードカバー)。

ざっと流して読もうとしたが長かった。

二転三転する結末はすごかったが、すごいというのはわかるが、頭がついていけなかった。

横溝正史のような雰囲気は良かったが、三津田信三氏の他の作品は今後読むかなぁ・・・。

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)