読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「連続殺人鬼カエル男」(中山七里)

どこかで「どんでん返し」系にあがっていたので読んでみた。 人をバカにしたようなタイトルとポップな(?)な表紙からトンデモ系バカミスをイメージしてたのだが・・・違った。

文体も割りと固くて全体的に話が思いし陰鬱である。目を背けたくなるような性描写や残虐なシーン、それだけページをさく必要があったのかと思うほど長い格闘(?)シーン。いやあしんどい。

また心神喪失者及び心身耗弱者の責任能力についての法律である刑法39条という重いテーマを扱っている。

で、どんでん返しだが、これはなんというか行儀の良いどんでん返しだったと思う。普通に「本格」していた。その意味ではまあ楽しめたのだが何にせよ読むのに疲れた。

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)