読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「殺人鬼フジコの衝動」(真梨幸子)

まず。文庫版の裏表紙の

(略)最後の一行を読んだ時、あなたは著者が仕掛けたたくらみに戦慄し、その哀しみに慟哭する・・・・・!

これは誇大広告と言っていいだろう。 「イニシエーション・ラブ」(乾くるみ)のようなうまさがあるわけではない。

しかし、小説としてはよくできてる。後半はうまいなと思った。 ただ、内容がぼくは駄目だ。読んでいて辛くなるばかりだ。最低の人間しかでてこない。「ろくでなし」(新堂冬樹)を読んだ時も、クズしか出てこないなと思ったがそれと同じくらいだ。むしろもっと陰湿だし、イヤな感じが半端ない。

なんだろうこのスッキリしない感じ。おもしろいのだが人には薦めたくない本。

もっと軽い本が読みたい。

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)