読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ケープ・フィアー」

観たような気もしていたが観ていなかった。

1962年のグレゴリー・ペックが出ている「恐怖の岬」のほうではなく、1991年のデ・ニーロのほうである。

それでももう24年も前の映画だ。デ・ニーロが若くてムキムキだ。 監督はマーティン・スコセッシ。デ・ニーロが演じるのは14年の服役後に出所したマックス。14年前に弁護にあたった弁護士がニック・ノルティ演じるサム・ボーデン。

刑務所に服役中、読み書きを覚え、たくさんの本を読んだマックスは、弁護士の弁護が不十分だったことを知る。そして服役後、当時の弁護士のサム・ボーデンに復讐するのだが・・・。

その復讐の仕方がまあなんというか、陰湿というか頭がいいというか。 さすがデ・ニーロというところなんだけど、実は弁護士演じるニック・ノルティの演技も相当いい。ジュリエット・ルイスは・・・まぁまぁ。

おもしろいことに1962年の「恐怖の岬」でサム役で出演していたグレゴリー・ペック、マックス役で出演していたロバート・ミッチャムカメオ出演している。こんなのをみると「恐怖の岬」も見たくなるではないか。

ケープ・フィアー [DVD]

ケープ・フィアー [DVD]