読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロックス(crocs)の底がすり減りすぎたので自分で修理した

クロックス

クロックスは便利なのだが、靴底がすりへるのが早いのが難点である。 雨の日などタイルや金属面の上ではすぐに滑ってしまう。

ポイント

  • 靴底用セメダインを使えば、結構すべらない
  • 塗った部分が剥がれることはあるのでまた塗ればOK

経緯

f:id:kizashi1122:20150731181645j:plain f:id:kizashi1122:20150731181716j:plain f:id:kizashi1122:20150731181708j:plain

靴底はもう溝がなくなってつるつるになってしまうのだが、上からみると全くなんの問題もない。なので捨てるのはもったいない。

靴底だけなんとか修繕・修理できないものだろうか? と思って色々調べてみた。

靴用のセメダインというのがある。

セメダイン 靴用補修剤 シューズドクターN ブラック 50ml ブリスター HC-003

セメダイン 靴用補修剤 シューズドクターN ブラック 50ml ブリスター HC-003

これをすり減った靴底に塗ってみた。乾かすためには一日放置する必要がある。

f:id:kizashi1122:20150731182709j:plain

f:id:kizashi1122:20150731182520j:plain

大事なのは滑りやすい地面と面で接さないようにすることだ。地面と靴底が面で接するとその間に入った水が逃げ場がなくなってしまい滑ってしまう。溝があると、地面と接したときに溝の凸と地面が接して、凹部分に水が逃げこむためグリップできる。このための凹凸をつくればいい。

このセメダインで塗ったところもいずれはすり減っていくが、そうなればまた塗ればいい。 けっこうちゃんとグリップできるのでいい感じである。

ほんまかいなと思ってる人は、50mlではなく、20mlのほうで試してみるといい。ただ今日現在で20mlが780円、50mlで1,030円なので圧倒的に50mlがお得である。

ただし毎日履いていると数ヶ月で部分的に剥がれてくることはある。が、残りのセメダインでまた塗ればOK。