読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「貴族探偵」(麻耶雄嵩)

本を手にとった時、あれ?これ前に読んだかな?と思ったがそれは、筒井康隆の「富豪刑事」だった。富豪の刑事。貴族の探偵。似てるじゃないか。

そしてこの「貴族探偵」。短編集である。 いやー、面白かった。設定が斬新すぎる。

さすが麻耶さん。発想が斜め上をいっている。

貴族探偵 (集英社文庫)

貴族探偵 (集英社文庫)