読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「首なし男と踊る生首」(門前典之)

門前典之と言えば「屍の命題」だ。 あのトンデモ感がたまらない。

気になったので他の著作も読んだ。 「建築屍材」これは、いまイチだった。

「灰王家の怪人」これはまあ良かった。トンデモ感は「屍の命題」ほどではなかったが。

そして今回。「首なし男と踊る生首」。 確かにトンデモだけどこれも「屍の命題」ほどではなかった。が、ミステリとして結構よくできてるんんじゃないか。 僕はこれは好きだ。

首なし男と踊る生首 (ミステリー・リーグ)

首なし男と踊る生首 (ミステリー・リーグ)