読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「アルゴ」

実際に起こった事件を元にしたストーリーである。 事実を元にしているのでストーリーを簡単に話してしまおう。

1979年、対アメリカの色が強くなったイランのテヘランにおいてアメリカ大使館が襲撃される。52人の外交官は人質となってしまうが、6人は何とかアメリカ大使館から抜け出すことができ、カナダ大使館に匿われる。

その6人を国外に逃亡させるためアメリカCIAからベン・アフレック演じるトニー・メンデスが現れる。脱出のシナリオは、6人を「アルゴ」というでっちあげた映画を撮影するための映画撮影のクルーであるという設定である。うまく地元のイラン人を騙して、国外に脱出できるのか・・・?

もちろんこれは事実であり、結論から言うとできたのだ。ちなみにアメリカ大使館で人質となった52人もすべて無傷で解放された。

実際見ると、あんまし緊張感ないんだよなー、という感じ。 2時間というコンパクトな映画にまとまっているので、前後関係も省略しているだろうし、感情移入しにくいというのが本当のところだろうか。事実だから助かるのもわかってるし。

それはともかく、ベン・アフレックがかっこいい。髪型のせいか「アルマゲドン」の彼とは全く違う。こっちのほうがかっこいい。演技もよかった。

このベン・アフレックはなんとこの映画の監督もしているし、ジョージ・クルーニーとともにプロデュースもしている。才能豊かな人である。

アルゴ [DVD]

アルゴ [DVD]