読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「ラミア虐殺」(飛鳥部勝則)

いやあもう最高。大好き、こういうの。

ハードボイルドタッチの作風(最初だけか?)なんだけど、びっくりするほど読みやすい。

「本格推理小説」といってしまうのはちょっと気が引けるが、よくよく考えるとちゃんと本格してる(細かいことはいえないけど) いろんな意味でよく出来ている。 タイトルも納得。

ネタバレ感想はこのサイト ラミア虐殺/ネタバレ感想 が秀逸。

引用(ネタバレじゃないですよ)

「ルールなんてものは、本来口にするのが気恥ずかしいほど単純なものさ」

この作者の作品は追っかけてみよう。

ラミア虐殺 (カッパ・ノベルス)

ラミア虐殺 (カッパ・ノベルス)