読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本「水族館の殺人」(青崎 有吾)

新たな「館」シリーズの青崎有吾氏の第二弾「水族館の殺人」を読んだ。

うーん。前の「体育館の殺人」のほうがよかったかな。

登場人物がちょっと多くない?というのは目をつぶるとして、色々ごちゃごちゃしてしまっていて、全体的に不自然な印象があり、ちょっとついていけなくなった。不自然というと職場の仲間が一人死んだ(しかも殺人)あとの残った仲間は喪に服してる感ゼロの感じ。死者を悼む様子はまったくない。その違和感が大きすぎて、これが後になってなんかストーリーに関わってくるのではと思ってしまうほどだった(そしてそれは関係なかった)

最後のアレもなんか唐突すぎて意外性はあるんだけど、意外性と感じられなかった。

なんか色々残念。 といいつつ、次に出る「図書館の殺人」は読むと思うけど。

水族館の殺人

水族館の殺人